忍者ブログ
[1] [2] [3]

DATE : 2017/09/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/12/04 (Tue)
紹介予定派遣についても調べていたことを書いときます。
景気の底冷えによってここ数年間、企業が新人の採用を見送られていたのですが、最近の景気の回復にともなって、そういった企業がそろそろ求人を再開しようかとした際に、大々的に求人広告を出すまでの求人数でもなかったり、新卒の活動時期を外れてしまっているという場合などに通常の求人方法での採用よりも、派遣会社を通して紹介予定派遣の
ステップを踏んで正社員として採用する方が、すでに即戦力となっているわけですから、良い人材を獲得する事ができ、まったくの新卒を採用するより育成コストもかからないことからメリットが高いという考えが企業側へ定着しつつあるようです。
一定の契約期間を決めて派遣会社からスタッフを派遣してもらうという一般派遣での人材よりも、一定期間派遣スタッフとして働いてもらった後で双方の合意があれば、正社員や契約社員などの雇用形態で直接雇用が可能となる紹介予定派遣に対するニーズが社会的に徐々に高まってきているらしいのです。
もちろん紹介予定派遣は、雇用する側だけでなく採用される側にとっても通常は入社してからでないとわからない社内の雰囲気や業務内容等を、実際に働きながら確認できるというメリットがありますので雇用される側にも良い面があります。また、書類選考や面接だけでは伝える事ができないヒューマンスキルや自分のアピールポイントも派遣期間中に身をもって伝える事ができるので、スムーズに相互理解ができます。
やはり自分が感じていたことと大体同じでした。そしてこれからはこのお互いにロスのない紹介予定派遣がもっとスタンダードなものになって、職場選びのスタイルとして定着していくように思います。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
スポンサードリンク
バーコード
ブログ内検索
最新TB